叢生・乱ぐい歯・八重歯の矯正|藤沢の雨宮湘南矯正歯科

鵠沼海岸 雨宮湘南矯正歯科 AMEMIYA ORTHODONTIC OFFICE

文字サイズ
中
大

0466-63-8286 10:00~13:00 15:00~19:00

TREATMENT

叢生・乱ぐい歯・八重歯

  1. HOME>
  2. 叢生・乱ぐい歯・八重歯

叢生・乱ぐい歯・八重歯の矯正治療

藤沢市鵠沼海岸の歯科医院「雨宮湘南矯正歯科」は、矯正専門の歯科医師がさまざまな症例に対応した矯正治療をご提供しています。
歯が重なり合ったり正しい向きに生えていなかったりする状態を「叢生(そうせい)」や「乱ぐい歯」と呼びます。
よく知られている「八重歯」も、この症例の一種です。
こちらでは、それらの症例のリスクと治療法をご説明します。

叢生の原因とリスク

叢生の原因とリスク

叢生や乱ぐい歯の原因としては、生まれつき顎の骨が小さく十分に歯が並ぶスペースが足りなかったり、生えている歯の大きさが顎のサイズに見合っていなかったりする先天的なものがあります。
また、最近のお子さまは、歯ひとつひとつの大きさはやや大きくなっているのに対し、顎の大きさはやや小さくなっているため、歯並びが乱れやすい傾向にあります。

叢生の場合、歯が正しく並んでいないために歯磨きが行き届かない箇所ができやすくなります。
そのため、虫歯や歯周病などのトラブルや口臭を引き起こすリスクが高まるのです。

叢生を治療するには

叢生の矯正治療は、お子さまでも大人でも可能です。
治療法は患者さまのお口の状態を考慮して、最適なものをご提案させていただきます。

またお子さまの場合、乳歯と永久歯が混在している10歳前後が治療を始めるのに理想的なタイミングです。
この時期であれば顎の骨の成長を利用して治療を進められるため、抜歯をせずに治療できる可能性が高くなります。
もちろん成長の度合いには個人差がありますので、お子さまの成長段階をきちんと把握したうえで、適切な時期に治療を受けることが大切です。
そのためにも、早めに歯科医院での診断を受けましょう。

叢生 10代 男性
治療前1Before
治療前2Before
治療前3Before
治療後1After
治療後2After
治療後3After

術前概要

重度叢生症例。(他院にて抜歯治療をすすめられ、セカンドオピニオンとして当院に来院)

治療概要

非抜歯。マルチブラケット装置にて治療。

術後概要

良好な咬合関係を獲得。

補足

このように、叢生の程度だけが抜歯・非抜歯の基準にはならない。骨格や軟組織との調和を考えることが重要。

叢生 20代 男性
治療前1Before
治療前2Before
治療前3Before
治療後1After
治療後2After
治療後3After

術前概要

重度叢生症例。(他院にて抜歯治療をすすめられ、セカンドオピニオンとして当院に来院)

治療概要

非抜歯。マルチブラケット装置にて治療。

術後概要

良好な咬合関係を獲得。

補足

このように、叢生の程度だけが抜歯・非抜歯の基準にはならない。骨格や軟組織との調和を考えることが重要。

WEB新慮予約はこちら

↑